生理前の吹き出物対策としての化粧品の選び方

生理前に吹き出物ができている時には、化粧品にも気をつかってあげましょう。特に刺激の強い成分が入った化粧品にはご注意ください。基本的には、低刺激なものを選びましょう。ホルモンバランスを整えてくれるものだとベターです。

ビタミンC誘導体やオイル、アルコール入りはNG!

生理前のニキビや吹き出物ができてしまっているときには、いつものスキンケアにも、少し工夫をした方が良いでしょう。通常のニキビとは違い、生理前のニキビには、「ホルモンバランスの乱れ」という大きな要素があります。

ホルモンバランスに直接働きかけるスキンケア商品はありませんが、ニキビへの刺激を避ける方法はいくつかあります。生理前にニキビや吹き出物ができやすい人は特に、生理前という期間だけ、スキンケアを変えてみましょう。

ビタミンC誘導体は、美白やエイジング予防、そしてニキビ予防にも効果があり、化粧水や乳液、美容液によく使われている成分です。しかし、すでにできてしまっているニキビと、ビタミンC誘導体との相性は良くないので、要注意。ニキビが悪化してしまうことがあるので、生理前にはこの成分が入ったスキンケアアイテムを少し避けましょう。

また、スキンケア商品の中には、アルコール成分やオイルを含むものもあります。アルコールや油も、ニキビとの相性がかなり悪いので、特に生理前は使わないようにしましょう。

メイク用品にも変化

生理前に限ったことではないのですが、ニキビや吹き出物ができているときには、メイク用品にも注意をしましょう。ニキビができていると、ニキビを隠すために、いつもより厚めにメイクをしてしまいがちですが、それではお肌にとって逆効果なのです。

それでも毎日のようにメイクをしなくてはならないのが、女性であることの辛さです。こんなときは、お肌に優しい低刺激のファンデーションがおすすめです。

また、最近ではベースメークと同時にスキンケアもできる、BBクリームの進化型である「CCクリーム」が話題です。こんなときこそ、CCクリームに役立ってもらいましょう。

そして、外出先から帰ってきたら、お化粧をきちんと落とすこと。しっかりクレンジングして、傷んだお肌に呼吸をさせてあげましょう。

サブコンテンツ