生理前の吹き出物対策として心がけるスキンケアのポイント

生理前に吹き出物ができたら、いつもの大人ニキビとは別にスキンケアをすることが大切です。ホルモンバランスを整えてあげることがポイント。

生理前の吹き出物は、いつものニキビとは違う?

生理前の吹き出物は、いつものニキビや肌荒れとは違い、少し厄介です。その理由は、生理前の大人ニキビや肌荒れには、生活習慣や食生活の乱れ、不十分な洗顔、ストレスだけでなく、「ホルモンバランス」も関係しているからです。

この生理前の吹き出物に対処するには、通常のスキンケアだけでなく、生理前の吹き出物の直接原因の一つ、「月経前症候群(PMS)」への対処も考えていかなくてはなりません。

婦人科を受診したり、避妊薬としても使われる経口避妊薬(ピル)の服用を始めたり、できることはたくさんあります。
しかし、実際に生理前に、吹き出物ができてしまった場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。今回は「スキンケア」という視点から、生理前の大人ニキビとの向き合い方を解説いたします。

ニキビができているときのスキンケア

通常の大人ニキビと同じように、生理前もニキビができてしまったら、あまり触れないようにするのが賢明です。できてしまったニキビに触りすぎてしまったり、またつぶしてしまったりすると、傷口から雑菌が入り、新たな炎症を起こすことがあるからです。生理前に吹き出物ができたら、その部分にはなるべく触らず、やさしくいたわってあげましょう。

また、洗顔後などに使うスキンケア商品にも、注意が必要です。ドラッグストアで市販されている、あるいはネット通販されている化粧水や乳液、美容液には、ビタミンC誘導体が入っているものがあります。

このビタミンC誘導体は、美白やアンチエイジングだけでなく、ニキビの予防にも効果があるのですが、既にできてしまったニキビにとっては天敵です。どうしてもビタミンC配合のスキンケアアイテムを使う時には、ニキビの部分を避けて塗りましょう。

さらに、アルコール成分が入っているスキンケア商品や、オイルを使っているものにも要注意です。これらの成分は、生理前のニキビや大人ニキビの予防を妨げ、できてしまったニキビも悪化させてしまいます。なるべく避けた方が良いでしょう。

サブコンテンツ